◆ はじめに ◆

太古の頃から、人は子孫繁栄のために、「異性に出会いたい」と思うようにプログラミングされている。

現代においても、そのDNAは生き続け、社会的な事件が数多く、起きている出会い系サイトでさえ、その

勢いを衰える事を知らない。

 

人間にとって「出会い」とはどのようなことなのか?今回、私は「出会い系サイトの評価検証」を行 うことで

、その人間行動学を考察し、卒業論文のテーマとした。

 

人は一人で生きることはできない。そのため、潜在意識の中で人との「出会い」を求め、そして「出会う」こ

と のできる場所や環境に身を委ねようとする。同性との出会いはもちろんのこと、異性と出会うことで寂し

さ や孤独から逃れようとするのである。

しかし、人は日常生活の中で「出会い」を求めながらも、お互いに警戒しながらコミュニケーションをは か

っている。人が他者と安心して関わり合うことのできる人間関係はどのような「出会い」で実現するの か、

そしてどのような行動原理に基づき実現するのかを今回の研究テーマで探求したい。

→ 論文の内容

上記で説明した論文テーマを検証するにあたり、実際に「出会いサイト」のユーザーとなり、約50サイトに

登録。論理的な考察結果を導く比較評価を行うべく、同一条件を設定し実証データを採ることにした。

(※同一設定条件:登録日・調査日数・プロフィール及びアプローチコメント・女性の年齢・女性の目的)

 

また、サイトを研究した結果、「サクラがいるサイト」があることが判明。返信用のオペレーターが存在する

、 実際には女性、もしくは異性の登録が無いサイトでは、人間の真の行動原理考察ができないことから、

そ のようなサイトは削除し検証を行っている。

検証結果は、次の「メール返信率が高い」「出会える確率が高い」「女性の比率が高い」「認知率が高い」

という4つのテーマを軸に導き出している。

検証1 出会いの確立が高い

「出会い系サイト」に登録している女性は、異性に対しての接触抵抗感が非常に低い

参考データ

 「出会い系サイト」で知り合い、結婚まで辿りつく男女も本当に実在するようだが、実際に男女は、どのよ
うなモチベーションで「出会い系サイト」へ登録し、 バーチャル恋愛のみならず、リアルな場面でまで異性
に接触するのか?きちんと検証されたデータはない。そこで私は、「出会い系サイト」における出会い率を
検証し、その中身を分析した。
 検証方法として、私は「出会い系サイト」へ実際に登録し、異性(女性)に対して、どれ位の確立で接触出来るものなのかを調査した。また、前提条件として、上記、論文内容でも触れた通り、同条件項目による登録・行動を実施、データを取った。検証データは、以下に示す通りである。下記に上位5社を記すが、一番出会えるサイトでは、出会い率が32%にもなることが判明した。また、平均出会い率も16%という数字を出している。 検証の結果、「出会い系サイト」に登録している女性は、異性に対しての、接触抵抗感が非常に低く、「街で声を掛けられる」「異性にデートに誘われる」という、一般社会生活における異性との接触機会よりも、 明らかにその敷居は低いことが分かった。これは、【参考データ1-A】と【参考データ1-B】を比べてみて頂いても分かる。

検証2 メール返信率が高いサイト

「返信率が高い」サイトは、登録者の平均年齢が若いという可能性が高い

参考データ

検証1を踏まえ、「出会い系サイト」における、女性のメール返信率には、違いがある事が判明した。このメール返信率は、検証1でデータ抽出した出会い率とほぼ比例するが、サイトにより、若干の誤差が発生している。そこで私は、上記と同条件の元、メールの返信率を調査した。調査の結果、メール返信率が高いサイトは、以下のデータの通りである。また、メール返信率が時間帯により異なり、昼間の時間帯が最高値を示しているのも興味深い。【参考データ2-A】【参考データ2-B】参照。 検証の結果、「返信率が高い」サイトは、以下の理由から返信率が高いことが想定される。1.メール慣れしている女性が非常に多い。2.男女がお互いの相手の選定条件が厳しくない。上記2つの条件を、さらに解析するとサイト自体の登録している平均年齢が若いかも知れないとの予測が立てられる。また、検証3で述べるような、サイト外部要因も重要なメール返信率に影響を及ぼす要素だ。但し、「メール文面」「メール返信までの時間」などにより、データは、異なる可能性もあるのであくまでも1例として捕らえて頂きたい。

検証3 女性の登録比率が高いサイト

女性の比率が高いサイトは、広告を多く露出しており、認知度が非常に高く、大学サークルやインターネット上のコミュニティーと類似している

参考データ

検証2を調査していく中で、「出会い系サイト」には、男女の比率バランスが非常に良いサイトと悪いサイトがある事が判明した。要は、男女の比率が悪いとメール返信率が大きく異なるのである。例えば男女比率が10:1の場合、1名の女性には、男女比率が5:5の場合と比べて、約10倍のアプローチが行く訳である。これを返信比率に直すと、10%と100%の違いと非常に大きな違いとなって露呈される。実際にこちらで、調査した男女比率が非常に高いサイトは以下の通りである。【参考データ3-A】 女性登録率が高いサイトは、広告をメジャー雑誌や女性誌に多く掲載しているサイトである事が多い。女性が会員になるのは、基本的に無料なので、女性会員を多く保有しているサイトは、売上至上主義ではなく、かなり良心的な運営をされている事が分かる。また、広告を多く露出している場合、検証4でも触れるが、認知度が非常に高まり、更に活性化する可能性が高い。そういう意味では、大学サークルやインターネット上のコミュニティーと類似している。

検証4 認知度が高いサイト

まじめに出会いを求めている人は多く、匿名性のリスク管理やモラルを整備することで、社会基盤となることが予測される

参考データ

検証3を調査していく中で、認知度が高いサイトは、ユーザが自走して集客され、さらに活性化されていくということが分かった。また「出会い系サイト」の中には、芸能人がイメージキャラクターを勤めているサイトもあり、今後は「出会いサイト」事業が「結婚紹介」「お見合い」サービスなどと肩を並べるサービスの一つになり得る可能性を秘めている。検証4では、社会的に「出会い系サイト」がどのように見られているのかを調査した。以下、街中で約1,000人にアンケートを取った認知度結果である。 卒論テーマとして「出会いサイト」を検証してきたが、これだけ数多くの人たちが利用しているという現実は、認めざる負えない。また、実際にまじめに出会いを求めている人が数多く存在する事も、判明した。現在、社会問題となっている出会い系だが、今後は、匿名性の危機管理を使用者のモラルを整備することにより、更なる社会基盤となることが予測される。【参考データ4-A】【参考データ4-B】
なぜなら、人間が異性と知り合いたいという欲求は、太古から息づいているものだからだ。
参考データ
注意1:この研究データは、あくまでも主観的調査に基づき、算出したものであり、実データと異なる場合があります。データ詳細に関して知りたい時には、各サイトへ直接お問い合わせ下さい。

注意2:この実験データは、学生アルバイト20人を使用して、検証したものである。



小島ゼミ卒論 「出会い系サイト評価検証」
出会える確率が高いメール返信率が高い女性の比率が高い認知度が高い

調査検証サイト
ノエルヌードメールカフェ30代からはじめる秘密関係クローバー赤い糸
HappyDays近所de大人関係セレブデラックス縁結びネイルサロンHP制作

参考資料サイト
サクラ無し/無料出会サイト比較商社係長出会攻略日記まじめ出会い情報誌コスプレ通販
アイドルお宝画像パチンコ攻略/ガチパチ痴漢待ち合わせ掲示板女性裏高給仕事